EPAとDHAといった成分が最近注目されています。
CMや通販番組でこれらを聞いたことがある方もいると思います。
まずEPAとDHAについて少し紹介します。

EPAやDHAはオメガ3脂肪酸の一つで不飽和脂肪酸の一つです。
まず不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸や6脂肪酸などがあります。
オメガ3脂肪酸の中にEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が分類されるということなんです。

EPA(エイコサペンタエン酸)

まずはEPAについてです。
EPAが注目される理由としてはLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が低下する効果が期待できると言われています。
サラサラ成分とも言われています。
EPAコレステロールよりも中性脂肪サポートといった感じでしょうか。
中性脂肪の数値が上がると善玉コレステロールが減り、動脈硬化の原因になります。
動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなることから中性脂肪の数値をあげないようにするためにEPAが注目されているということなんです。
ですから中性脂肪が高かったとか気になるという方はチェックしてみてはどうでしょうか。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAもEPAに似たようか効果が期待できると言われています。
こちらもサラサラ成分と言われています。
中性脂肪とコレステロールならコレステロールサポート向けの成分かなと思います。
ですからLDL(悪玉)コレステロール値が気になるという方はチェックしてみてはどうでしょうか。

EPAとDHAのどちらかだけを摂取するというより一緒に摂取するのが良いのではないでしょうか。
サプリメントもEPAとDHAが両方配合されているものがほとんどです。

<h4>おすすめEPA・DHAサプリメント</h4>

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHAは佐藤製薬グループが販売している商品です。
佐藤製薬といえばユンケルで有名な会社です。

商品の特徴をみていくとEPAとDHAの含有量が多いということです。
他のEPAやDHAのサプリメントと比べても多いです。
厚生労働省は1日1,000mgの摂取を推奨しているのですが、美健知箋EPA&DHAのEPAとDHAの1包中の含有量はEPA200mg、DHA550mgで合計750mgです。
ですからしっかり摂取できるということがわかります。
あとはEPAやDHAは酸化しやすいのですが酸化しにくい作りになっています。
カプセルも小さく飲みやすいということがいえます。

ポイント

■ユンケルで有名な佐藤製薬グループが販売
■EPA200mgとDHA550mgで合計750mg(1包中)

きなり

きなりはこれまでの累計販売46万袋を突破している人気のサプリメントです。
モンドセレクション金賞受賞という実績もあります。

商品の特徴としては一番に紹介するのはクリルオイルでしょうか。
クリルオイルは南極に生息するオキアミから抽出されるオイルで魚から取れる油とは違いがあります。
アスタキサンチンが含まれており酸化しにくいという特徴があります。
そして、このクリルオイルは吸収率が良いということなんです。

EPAとDHAは合計500mgですがクリルオイルで酸化しにくく吸収率が良いなど良い面が多いのでおすすめです。
さらにナットウキナーゼも配合されています。

ポイント

■クリルオイル使用
■EPAとDHAの含有量合計500mg(4粒あたり)
■ナットウキナーゼ配合

イマークS

イマークSはニッスイが販売するドリンクです。
ニッスイといえば冷凍食品など販売しているのでご存知の方も多いと思います。
これはサプリメントではなくドリンクです。

特徴はというとEPAが多く含まれているということです。
EPAとDHAの商品を見ていくと比較的DHAのほうが多く含有されている商品が多い印象ですがイマークSはEPAが多く含有されています。
ちなみに1本あたりEPAが600mgでDHAが260mg含有されています。

はじめての方はお試しセットがあるのでまずはそれを試してみると良いのではないでしょうか。

ポイント

■ニッスイが販売
■ドリンクタイプ
■1本あたりEPAが600mgでDHAが260mg含有

EPA・DHAサプリメントの選び方

EPA・DHAが注目されていることからかサプリメントもいろいろ出ています。
ですからどれを選んだら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで私なりに選ぶポイントを紹介したいと思います。

EPA・DHAの含有量

商品によってEPAとDHAの含有量が違います。
厚生労働省は1日1,000mgの摂取を推奨していることからそれを基準に選ぶと良いのではないでしょうか。
基本的にEPA・DHAが不足している方が多いですから含有量の多いほうが良い方が多いのではないでしょうか。

酸化防止

EPA・DHAは酸化しやすいというのがあるので酸化を防ぐ対策ができているサプリメントが良いと思います。

価格

価格も商品によって全然違います。
初回限定や定期コースの利用なら価格が下げられている商品もあるのでそういった商品なら利用しやすいのではないでしょうか。
ただ、定期コースは最低何回か継続して利用しなければいけないという決まりがある商品もあるので定期コースを利用する場合公式サイト等で確認してから利用する決めると良いと思います。

もっといろいろなサプリメントを見てみたいという方はこちらの悪玉(LDL)コレステロールを下げるサポートサプリメント比較を見てみてください。

EPAとDHAが多く含まれる食べ物

EPAとDHAが多く含まれる代表的な食べ物は青魚です。
マグロ、サバ、サンマ、マイワシ、ブリなどに豊富に含まれています。
その他カレイ、カレイなど青魚ではない魚にも多く含まれています。

ですから食べ物から摂取するなら魚、特に青魚を食べると良いということなんです。
ただ、魚の摂取量は減ってきているということであまり摂取できていない人が多くEPA・DHAサプリメントが人気になっているのではないでしょうか。